2018年02月19日

柳沢遺跡発掘調査報告書刊行5周年記念展示会           「掘るしんin中野」開催します!!

 長野県埋蔵文化財センターでは、出土品展「掘るしんin中野」を開催します。
 銅戈・銅鐸などが出土し、注目を集めた中野市柳沢遺跡の埋蔵文化財発掘調査報告書刊行から5周年を迎えるにあたり、出土した青銅器が使われていた弥生時代にテーマを絞って中野市で展示会・講演会・シンポジウムを開催します。
 すべて入場無料・申し込み不要です。
 多くの皆様の御参加をお待ちしております。
 詳細は、チラシ (PDF:707KB) を御覧ください。

☆展示会

期 日:平成30年 3月3日(土)9:30〜16:00、 3月4日(日)9:30〜15:00

会 場:中野市中央公民館 2階教室

展示遺跡:柳沢遺跡(重文指定以外)・南大原遺跡琵琶島遺跡川久保遺跡等、

       中野市内遺跡出土の弥生土器・石器・写真パネルを展示!

【関連行事】会場:中野市働く婦人の家2階軽運動室(中央公民館内)

         ※申込不要・参加無料

☆講演会

  平成30年3月3日(土)13:00〜16:00

   記念講演会:「銅鐸研究の最前線−最新の成果から柳沢青銅器を考えるー」

             難波 洋三 氏 (奈良文化財研究所客員研究員)

   報 告:「中野市柳沢遺跡の調査成果」

         鶴田 典昭 長野県埋蔵文化財センター)

        「銅戈・銅鐸の作り方―レプリカ製作過程―」

         廣田 和穂 (        〃           )

☆シンポジウム「中野の弥生文化と地域間交流」

  平成30年3月4日(日)9:30〜15:00

   発 表:「中野地方の弥生文化」

     柳生 俊樹 氏 (中野市教育委員会)

   「弥生時代中期における北陸と信州との地域間交流」

     久田 正弘 氏 (石川県埋蔵文化財センター)

   「弥生時代中期における関東と信州との地域間交流」

     松田   哲 氏 (熊谷市教育委員会)

パネルディスカッション:「中野の弥生文化と地域間交流―柳沢青銅器発見から10年、その後の研究動向―」

  パネリスト:柳生 俊樹 氏、久田 正弘 氏、松田   哲 氏 ほか

posted by 長野県考古学会事務局 at 18:53| 大会・イベント案内

平成29年度 設楽ダム関連発掘調査成果報告会            【新設楽発見伝4】開催のお知らせ

平成29年度 設楽ダム関連発掘調査成果報告会【新設楽発見伝4】を開催します。
日 時:平成30年3月3日(土曜)午後1時00分〜午後4時00分
     (受付開始:午後12時30分)
会 場:設楽町田口特産物振興センター
     (北設楽郡設楽町田口字向木屋3-1)
主 催:設楽町教育委員会、国土交通省、愛知県埋蔵文化財センター、
     愛知県教育委員会
※平成29年度の設楽ダム関連発掘調査成果を発表し、出土遺物も展示します。また、大名倉地区の縄文時代を考えます。
発表1:「平成29年度の設楽ダム関連の発掘調査」
      野口哲也(愛知県教育委員会)
発表2:「大畑遺跡の発掘調査」
      鈴木恵介(愛知県埋蔵文化財センター)
発表3:「マサノ沢遺跡の発掘調査」
      永井宏幸(愛知県埋蔵文化財センター)
発表4:「西地・東地遺跡の整理調査」
      川添和暁(愛知県埋蔵文化財センター)
講 演:「私たちが北設楽で縄文時代の遺跡を調査したころ」
      平野吾郎(磐田市文化財保護審議会会長)
座談会:「大名倉地区の縄文時代遺跡」
      平野吾郎、川添和暁、永井邦仁(愛知県埋蔵文化財センター)
【問合せ先】:愛知県埋蔵文化財センター 調査課 川添和暁
        〒498-0017 愛知県弥富市前ヶ須町野方802-24
        電話0567-67-4163 FAX0567-67-3054
posted by 長野県考古学会事務局 at 18:40| 大会・イベント案内

2018年02月09日

長野県考古学会平成29年度研究大会開催のお知らせ

 平成29年度長野県考古学会「研究大会」を下記により開催する運びとなりました。年度末のお忙しい時期ではありますが、学会員皆様の多くの御参加をお待ちしております。
 なお、長野県立歴史館との共催で開催し、一般向けの「考古学セミナー」も兼ねるため、一般の方々の聴講も可能となります。御理解のほど、よろしくお願いします。
              記

1 日 時

  317日(土) 1030分〜1500(受付は10時から)

2 開催場所

  長野県立歴史館 講堂

3 内容(時間配分等については変更の可能性があります。)

 @報告
   1030分〜1115分 伊那市創造館 濱 慎一 氏
               (仮題)「伊那市老松場古墳群について」
   1115分〜1200分 諏訪市教育委員会 児玉利一 氏

        (仮題)「諏訪市小丸山古墳について」

 A講演
   1300分〜1420分 長野県考古学会長 小林正春 氏
          (仮題)「史跡 飯田古墳群について」
 Bミニシンポジウム
  近年の長野県内の古墳調査及び関連資料調査から見えてきたこと
     1430分〜1500分 進行 長野県立歴史館 西山克己 氏

          登壇 上記3氏

【問合せ先】

   西山克己 026-274-3992(長野県立歴史館 考古資料課)

posted by 長野県考古学会事務局 at 14:56| 大会・イベント案内

2018年01月23日

「発掘された松本2017 松本市遺跡発掘報告会」開催の御案内

 毎年恒例となりました「発掘された松本2017 松本市遺跡発掘報告会」を
2月25日(日)に開催します。あわせて調査遺跡の出土品を展示した
速報展も考古博物館主催で行います。
 詳しくは、速報展・報告会チラシPDF:725㎅)を、どうぞ御覧下さい。
posted by 長野県考古学会事務局 at 12:38| 大会・イベント案内

2018年01月11日

長野県考古学会「研究助成金」の御案内                                 −現在応募期間中です−

 長野県考古学会では、下記の要領で、「研究助成金」の申請を募集いたします。ふるって御応募ください。
趣   旨:考古学的な研究方法から、長野県に関わる歴史を明らかにする。
交付対象:長野県考古学会員によるグループか、長野県考古学会を含むグ
      ループ研究
申請期間:平成29年11月1日〜平成30年3月31日
      次年度1年間を研究期間とする。
助成金額:上限10万円
対象経費:交通費、謝金、図書費
  * 詳しくはこちらを!  規 定(PDF:109KB)  申 請 書(PDF:166KB)
posted by 長野県考古学会事務局 at 18:14| その他