2018年11月07日

2018(平成30)年度 長野県考古学会秋季大会のお知らせ

 下記の日程で長野県考古学会秋季大会を行います。今回は東京都立大学名誉教授であり、前明治大学黒耀石研究センター所長の小野昭先生に、今年5月に認定された日本遺産の原点ともなった黒曜石原産地と遺跡に関わる保存・活用について、諸外国の事例を紹介していただきながら御講演いただきます。
また長野県立歴史館秋季企画展「最古の信州ブランド 黒曜石」の最終日となります。是非とも多くの会員諸氏のご参加をお待ちしております。
                  記
1 日 時 2018年11月25日(日)13時30分から15時00分
2 場 所 長野県立歴史館 第1研修室  電話026‐274‐2000
       〒387-0007 千曲市屋代260-6(科野の里歴史公園内)
3 日 程  13時30分〜15時00分(14時30分から質疑応答・意見交換)
       「比較して探る黒曜石原産地と遺跡の保存・活用の可能性」
       東京都立大学名誉教授(前明治大学黒耀石研究センター所長)
       小野 昭 先生
4 その他
       なお、当日は秋季企画展「最古の信州ブランド 黒曜石」開催中
      です。日程終了後、展示解説を予定しています。

  (お問い合わせ先:長野県立歴史館考古資料課  電話026-274-3992)
posted by 長野県考古学会事務局 at 13:05| 大会・イベント案内