2018年12月20日

「殿村遺跡とその時代\−平成30年度報告会・講演会−」開催のお知らせ

 この度、松本市では「殿村遺跡とその時代\−平成30年度報告会・講演会−」を開催することになりました。御多忙とは存じますが、御来場くださいますよう、よろしくお願いします。
【内容紹介】
 調査が進み、四賀地区の殿村遺跡は、中世の寺院跡である可能性が高くなってきました。市民の皆さんと殿村遺跡を考える機会にするため、古代・中世の山寺研究の第一人者・久保智康氏の講演会を開催します。
【日  時】平成31年1月20日(日)午後1時〜午後3時40分(12時開場)
【場  所】ピナスホール(松本市役所四賀支所1階)
【参  加】無料・事前申し込み不要
【プログラム】
午後1時00分〜          開演・あいさつ
午後1時10分〜午後1時50分 報告「殿村遺跡と虚空蔵山の宗教空間」
                      調査担当者
午後1時50分〜午後2時00分 休憩
午後2時00分〜午後3時30分 講演「殿村遺跡とその時代−古代・中世の
                       山と寺社−」
                      京都国立博物館名誉館員 久保智康氏
午後3時30分〜午後3時40分 質疑応答・閉演
【問 合 せ】松本市教育委員会文化財課 史跡整備担当
       電話0263‐85‐7064
       ポスター・チラシ(PDF:1,860KB)
posted by 長野県考古学会事務局 at 12:50| 大会・イベント案内