2019年03月14日

第44回藤森栄一賞選考結果について(報告)

 第44回藤森栄一賞選考委員会は、2019年3月9日(土)、諏訪市内で開催された。全国推薦委員から推薦された個人7名・団体2件の計9件を受賞候補として慎重な審査と意見交換を行った結果、全会一致で池谷初恵氏を第44回藤森栄一賞受賞者として決定した。以下、選考結果を報告する。
<第44回藤森栄一賞選考結果>
 池谷氏は58歳。明治大学文学部史学地理学科を卒業され、三島市教育委員会嘱託職員を経て、現在は伊豆の国市文化財調査課で文化財調査員として勤務している。
 伊豆の国市の韮山地域に所在する「史跡北条氏邸跡(円成寺跡)」、「史跡伝堀越御所跡」、「史跡願成就院跡」をはじめとする守山中世史跡群の基礎的研究に取り組み、遺跡の価値を顕在化させ、史跡群の保存・整備・活用を推進している。
 特に、中世の伊豆地域における「かわらけ」をはじめとした出土遺物の分類と編年、遺跡における貿易陶磁器の組成からみた中世韮山の空間構成の研究は、他者の追随を許さないほど高度なものである。これらの基礎的な研究をベースにして、伊豆地域の中世史を解明し続けていている。
 2010年には、こうした研究成果を一般読者にもわかりやすく総括した『鎌倉幕府草創の地−伊豆韮山の中世遺跡群−』を発表し、中世考古学の普及に貢献している。
 考古資料の分類・編年といった基礎的研究を基盤として、伊豆地域の中世史を丹念に描き出し、さらにそれを列島全体の中世に位置付けている研究姿勢は、在野的精神のもと、既成の概念にとらわれない斬新な研究や活動の実践者であった藤森栄一を記念する本賞に相応しいものであると評価し、ここに池谷初恵氏を第44回藤森栄一賞の受賞者として決定するものである。
2019年3月9日
長 野 県 考 古 学 会
 藤森栄一賞選考委員会
   委員長 笹 沢 浩
posted by 長野県考古学会事務局 at 11:38| 藤森栄一賞

2018年06月07日

第43回藤森栄一賞選考結果について(報告)

 2018324日(土)午前1030分より、第43回藤森栄一賞選考委員会が諏訪市公民館において開催された。本選考委員会は、12名の選考委員のうち、笹澤浩委員長をはじめ8名の選考委員の出席を得て開催され、慎重な審査の結果、第43回藤森栄一賞の受賞者を小菅将夫氏に決定した。以下、選考結果について報告する

 

<第43回藤森栄一賞選考結果>

 第43回藤森栄一賞選考委員会は、2018324日(土)、諏訪市内で開催された。全国推薦委員から推薦された個人9名・団体2件の計11件を受賞候補として慎重な審査と意見交換を行った結果、全会一致で小菅将夫氏を第43回藤森栄一賞受賞者として決定した。

 小菅氏は58歳。明治大学大学院博士前期課程を修了され、1990年群馬県笠懸町(現みどり市)教育委員会社会教育課に入職、岩宿博物館学芸員を経て、現在同館館長を務めている。

 勤務先の博物館の活動では、日本で初めて旧石器が発見された岩宿遺跡の博物館の構想・立ち上げと今日にいたる運営まで、地域の博物館活動に大きく貢献している。また、一般市民による友の会を指導・育成し、多くの子ども達を対象に石器づくりを中心とした体験学習を定着させ、列島初期の文化と歴史について、理解を広める活動を担っている。

 地域の博物館の本分である展示と普及・啓発活動に加え、両輪ともいえる学術研究を疎かにせず、四半世紀におよぶ岩宿フォーラムなどで、つねに最新の研究成果をまとめ上げているとともに、北関東地方を中心とする若手の研究者と研究会を組織し、旧石器時代の文化解明をテーマとした学術調査を主催している。

 このように氏の学芸員としての取り組みは、博物館活動の枠組みを広げ、主な業績に見られるように研究者が主体となる学会から一般市民との連携、そして学校教育・社会教育を通じ社会全般を視座において精力的に進められてきたものであり、そのたゆまない活動姿勢は研究者としての情熱に裏付けられたものである。

 岩宿遺跡を基盤として、子どもたちをはじめとする市民とともに研究活動に取り組み、考古学に対する多くの理解者を育成している姿勢は、在野的精神のもと、既成の概念にとらわれない斬新な研究や活動の実践者であった藤森栄一を記念する本賞に相応しいものであると評価し、ここに小菅将夫氏を第43回藤森栄一賞の受賞者として決定するものである。

 

2018324

藤森栄一賞選考委員会

委員長 笹 沢  浩

posted by 長野県考古学会事務局 at 18:28| 藤森栄一賞

2018年05月10日

第42回藤森栄一賞選考結果について(報告)

 2017319日(日)午前1030分より、第42回藤森栄一賞選考委員会が諏訪市公民館において開催された。本選考委員会は、12名の選考委員のうち、笹沢浩委員長をはじめ7名の選考委員の出席を得て開催され、慎重な審査の結果、第42回藤森栄一賞の受賞者を佐藤雅一氏に決定した。以下、選考結果について報告する。

 

<第42回藤森栄一賞選考結果>

 第42回藤森栄一賞選考委員会は、2017319日(日)、諏訪市内で開催された。全国推薦委員から推薦された個人10名・団体1件の計11件を受賞候補として慎重な審査と意見交換を行った結果、全会一致で佐藤雅一氏を第42回藤森栄一賞受賞者として決定した。

 佐藤氏は58歳。國學院大學文学部を卒業され、新潟県津南町教育委員会に勤務するかたわらで、信濃川上流域の良好な遺跡の調査成果をもとに縄文時代の研究を推進した。特に2016年に『本ノ木遺跡第一次・二次発掘調査報告書−山内清男資料整理報告−』を刊行したことは、考古学史上著名な本ノ木遺跡の構造を明らかにするものであり、縄文時代草創期の研究を大きく前進させた仕事と高く評価される。

また、氏は「津南学」の提唱に大きく関わり、縄文遺跡や秋山郷の民俗など、津南町の重要な歴史、民俗、環境などの文化資源に着目し、地域研究誌『津南学』、『津南学叢書』の発行、津南学シンポジウムの開催などによって津南町の貴重な文化資源の魅力を地元のみならず全国に発信し、学界から高い評価を受けている。

近年では、201412月の津南町と長野県栄村にわたる苗場山麓ジオパーク認定の中心的な役割を果たした。認定後は地域の人々がジオパークのガイド養成講座を通じて地域の文化資源を学び、その取り組みが交流人口の増加などにつながってきている。

地域の考古資料をはじめとする文化資源から全国的な研究活動を展開し、さらにはその活動が地域の活性化にまで発展した実績は、地域史研究と、また後進を育成した藤森栄一を記念する本賞にふさわしいものであると評価し、ここに佐藤雅一氏を第42回藤森栄一賞の受賞者として決定するものである。

 

2017年3月19日

 

長 野 県 考 古 学 会

藤森栄一賞選考委員会

委員長 笹 沢  浩 

posted by 長野県考古学会事務局 at 19:29| 藤森栄一賞

第41回藤森栄一賞の選考結果について(報告)

 20151219日(土)午前1030分より、第41回藤森栄一賞選考委員会が諏訪市文化センターにおいて開催された。本選考委員会は、12名の選考委員のうち、笹沢浩委員長をはじめ6名の選考委員の出席を得て開催され、慎重な審査の結果、第41回藤森栄一賞の受賞者を清水真一に決定した。いか、選考結果について報告する。

 

<第41回藤森栄一賞の選考結果>

41回藤森栄一賞選考委員会は、20151219日(土)、諏訪市内で開催された。全国推薦委員から推薦された個人10名・団体1件の計11件を受賞候補として慎重な審査と意見交換を行った結果、全会一致で清水真一氏を第41回藤森栄一賞受賞者として決定した。

 清水氏は68歳。同志社大学文学部を卒業され、奈良県立橿原考古学研究所嘱託などを経て鳥取県教育委員会、奈良県桜井市教育委員会に平成17年3月まで勤務された。現在は八幡浜市市誌編纂会編集委員長を務めている。

 日本海側初の彩色古墳壁画の発見となった鳥取県鳥取市梶山古墳、「砂丘の下の神殿都市」弥生時代から中世の鳥取県湯梨浜町の長瀬高浜遺跡、聖徳太子ゆかりの奈良県桜井市の上之宮遺跡の調査などで重要な成果を挙げる一方、古代学研究会の主要メンバーとしてシンポジウム「高松塚古墳壁画発見25年」の企画運営に携わった。退職後は郷里の八幡浜市に戻り「西四国考古学研究所」を創設し、会誌『西四国』を発刊して地域の研究者の発表の場を提供し、みずからも論考を発表している。

長瀬高浜遺跡の調査では、月刊『長瀬高浜だより』を発行し、スタッフの知識向上をはかるとともに発掘情報の共有をするなどの工夫で長期間の大規模調査を遂行し、大きな成果を得ることができた。

 35年におよぶ研究および複数の自治体での活動実績は、各地の自治体で活躍する行政考古学研究者の模範となるばかりでなく、後進の育成にも大きな影響を与え、地域研究と次世代の研究者を育てた藤森栄一を記念する本賞に相応しいものであると評価し、ここに清水真一氏を第41回藤森栄一賞の受賞者として決定するものである。

 

2015年12月19日

 

藤森栄一賞選考委員会

委員長 笹 沢  浩
posted by 長野県考古学会事務局 at 19:27| 藤森栄一賞

第40回藤森栄一賞の選考について(報告)

平成2731日(日)午前1030分より、第40回藤森栄一賞選考委員会が諏訪市文化センターにおいて開催された。本選考委員会は、13名の選考委員のうち、笹沢浩委員長をはじめ6名の選考委員の出席を得て開催され、慎重な審査の結果、第40回藤森栄一賞の受賞者を中山誠二氏、中沢道彦氏の二名に決定した。以下、選考結果について報告する。

 

<第40回藤森栄一賞の選考結果>

40回藤森栄一賞選考委員会は、201531日(日)、諏訪市内で開催された。全国推薦委員から推薦された個人10名・団体1件の計11件を受賞候補として慎重な審査と意見交換を行った結果、全会一致で中山誠二氏を第40回藤森栄一賞受賞者として決定した。

 中山誠二氏は57歳。中央大学文学部を卒業され、1980年から山梨県職員。山梨県埋蔵文化財センターで数々の遺跡の調査を担当し、その後、山梨県立博物館の学芸課長として考古・歴史研究の成果の市民への還元普及活動に取り組み、現在は山梨県教育庁学術文化財課文化財指導監として、県内の文化財の調査・保護・活用の推進を図っている。2010年「植物考古学から見た栽培植物と農耕の起源」で東海大学より博士(文学)を取得。

 中部高地の弥生時代の編年・墓制・集落研究を進める一方、膨大な植物遺存体を集成・再検討し、縄文時代から弥生時代の植物利用と栽培植物の起源について実証的研究を続けている。とりわけレプリカ法による植物圧痕研究とその同定に関する基礎的研究、縄文中期の中部高地におけるアズキ・ダイズなどマメ科植物の栽培化の研究は、日本列島における野生植物利用段階から農耕社会の成立までの歴史的展開を明らかにした「植物考古学」のフロンティアのひとりとして新しい研究を牽引している。2010年には現時点での研究の集大成として『栽培考古学と日本の農耕の起源』、「日韓内陸地域における雑穀農耕の起源に関する科学的研究」に着手し、日本列島における縄文〜弥生時代の栽培植物や穀物の出現と展開を明らかにするとともに、韓国内の新石器時代〜青銅器時代の植物遺存体や石器などの調査分析を行い、日本国内へ渡来した雑穀農耕の起源に迫っている。そしてこの研究の総括として、2014年『日韓における穀物農耕の起源』を発表している。

 中山氏は、かつて藤森栄一が仮説提示した「縄文農耕」という大命題を、山梨という地域を基盤として科学的・実証的に研究し、且つその成果を多くの著作・論考として発表している研究姿勢は、在野的精神のもと、既成概念にとらわれない斬新な研究や活動の実践者であった藤森栄一を記念する本賞に相応しいものであると評価し、ここに中山誠二氏を第40回藤森栄一賞の受賞者として決定するものである。

 

2015年3月1日

 

藤森栄一賞選考委員会

委員長 笹 沢  浩

posted by 長野県考古学会事務局 at 19:26| 藤森栄一賞

第39回藤森栄一賞の選考について(報告)

 平成2632日(日)午前1030分より、第39回藤森栄一賞選考委員会が下諏訪総合文化センターにおいて開催された。本選考委員会は、13名の選考委員のうち、笹沢浩委員長をはじめ6名の選考委員の出席を得て開催され、慎重な審査の結果、第39回藤森栄一賞の受賞者を矢島宏雄氏に決定した。以下、選考結果について報告する。

 

<第39回藤森栄一賞選考結果>

 第39回藤森栄一賞選考委員会は、201432日(日)、下諏訪町内で開催された。全国推薦委員から推薦された個人13名・団体1件の計14件を受賞候補として慎重な審査と意見交換を行った結果、全会一致で矢島宏雄氏を第39回藤森栄一賞受賞者として決定した。

 矢島宏雄氏は、國學院大學を卒業後、長野県中央道遺跡調査団調査員を経て、更埴市教育委員会に奉職し、現在は千曲市教育委員会文化財センター所長として、文化財の調査・保護・活用に尽力されている。

 矢島氏は、1978年、更埴市教育委員会に奉職以来、森将軍塚古墳の保全と築造時復元整備に取り組み、またその麓一帯を森将軍塚古墳館や古墳時代集落を配した「科野の里歴史公園」の整備事業を推進してきた。この間、古墳に建て並べる埴輪の製作や古墳の管理に市民の参加を働きかけ、さらに「お田植えまつり」や「森将軍塚まつり」など森将軍塚古墳や科野の里歴史公園を活用した斬新な事業を企画・実施してきた。こうした活動を支援する「森将軍塚古墳友の会」の育成にも力を入れ、市民が文化財に親しむ機会を広めてきた。

 また、森将軍塚古墳・有明山将軍塚古墳・倉科将軍塚古墳・土口将軍塚古墳の各古墳を含めた埴科古墳群の広域指定、名勝「姨捨(田毎の月)」の指定や、風土に根ざして営まれてきた人々の生活や生業を理解するために欠くことができない景観地として注目されつつある重要文化的景観「姨捨の棚田」の選定やその保全にも中心的な役割をはたしている。

 このような矢島氏の市民とともに文化財の保全・活用に取り組む姿勢は、在野的精神のもと、既成の概念にとらわれない斬新な研究や活動の実践者であった藤森栄一を記念する本賞に相応しいものであると評価し、ここに矢島宏雄氏を第39回藤森栄一賞の受賞者として決定するものである。

 

2014年3月2日

 

藤森栄一賞選考委員会

委員長 笹 沢  浩

posted by 長野県考古学会事務局 at 19:24| 藤森栄一賞

2013年03月26日

藤森栄一賞特別賞の授与について

(経過)
長野県考古学会は、1962年に設立以来、本年度は50周年の節目の年度に当たる。本委員会は、2013年2月17日(日)、塩尻市内で開催した第38回藤森栄一賞選考委員会において、長野県考古学会の発展のために尽力された神村透氏・桐原健氏に藤森栄一賞特別賞を授与することを決定した。

[特別賞授与の理由]
・長野県考古学会の設立を発起され、その発展に寄与された。
・考古学会会長(桐原氏1996〜2004)、事務局長(神村氏1979〜1981)の任につかれ、真摯にその責を果たされた。
・藤森栄一を深く敬愛し、藤森考古学の魅力を広く世に伝えられた。
 神村透氏、桐原健氏の、長野県考古学会発展への貢献に心より敬意を表し、ここに藤森栄一賞特別賞を授与するものである。

2013年2月17日
長野県考古学会
藤森栄一賞選考委員会
委員長 笹 沢  浩
posted by 長野県考古学会事務局 at 10:44| 藤森栄一賞

第38回藤森栄一賞の選考について(報告)

 平成25年2月17日(日)午前10時30分より、第38回藤森栄一賞選考委員会が塩尻市総合文化センターにおいて開催された。本選考委員会は、13名の選考委員のうち、笹沢浩委員長をはじめ10名の選考委員の出席を得て開催され、慎重な審査の結果、第38回藤森栄一賞の受賞者と藤森栄一賞特別賞の授与について決定した。以下、選考結果について報告する。

<第38回藤森栄一賞選考結果>
 第38回藤森栄一賞選考委員会は、2013年2月17日(日)、塩尻市内で開催された。全国推薦委員から推薦された個人13名・団体1件の計14件を受賞候補として慎重な審査と意見交換を行った結果、全会一致で西井龍儀氏を第38回藤森栄一賞受賞者として決定した。
 西井龍儀氏は、富山県出身で、現在一級建築士として株式会社新建築設計事務所専務取締役の職に就かれるかたわら、富山県考古学会会長として考古学の調査・研究・普及活動を牽引し、若手研究者の支援にも尽力されている。
 西井氏は、その研究対象は旧石器時代から近世までと幅広く、富山県内の遺跡の分布調査・踏査を地道に実施し、その資料化に取り組んでこられた。100箇所を超える旧石器時代遺跡を発見し、組み立てた編年はその後の指標となっている。
また、古代から近世の研究では、前方後円墳の関野1号墳(小矢部市)・前方後方墳の柳田布尾山古墳(氷見市)の発見は富山の古墳文化の解明に大きく貢献し、加賀越中国境の倶利伽羅峠周辺の踏査から古代北陸道のルートを解明し、さらに医王山信仰を中心とした古代から近世における山岳信仰遺跡の研究、立山山上をはじめとする富山県下に分布する中世から近世にかけての石造物群研究は、この分野の研究の基礎を築くとともにその後の研究の方向性を示すものとなっている。
 こうした調査・研究の一方、地域文化の集大成のため、『富山県史』(1972)『富山市史』(1987)『小矢部市史』(2002)等多くの地域史の編纂に携わり、また、富山県文化財保護審議会会長をはじめとして富山市・小矢部市・砺波市・氷見市・高岡市など各市の文化財保護審議会委員として文化財の保護に尽力されている。
民間企業に勤務しながらも、富山県を中心とする北陸地方の考古学研究を積極的に行い、考古学会活動の牽引役としても手腕を発揮している、その研究業績や研究姿勢は、在野的精神のもと、既成の概念にとらわれない斬新な研究や活動の実践者であった藤森栄一を記念する本賞に相応しいものであると評価し、ここに西井龍儀氏を第38回藤森栄一賞の受賞者として決定するものである。

2013年2月17日
長 野 県 考 古 学 会
藤森栄一賞選考委員会
委員長 笹 沢  浩 
posted by 長野県考古学会事務局 at 10:41| 藤森栄一賞

2012年04月24日

第37回藤森栄一賞の選考について(報告)

 2012年2月19日(日)午前10時30分より、第37回藤森栄一賞の選考委員会が岡谷市イルフプラザカルチャーセンターにおいて開催された。本選考委員会は、13名の選考委員のうち8名の選考委員の出席を得て開催され、慎重な審査の結果、第37回藤森栄一賞の受賞者を次のとおり決定した。以下、選考結果について報告するものである。

<第37回藤森栄一賞選考結果>
 第37回藤森栄一賞選考委員会は、2012年2月19日(日)、岡谷市内で開催された。全国推薦委員・選考委員から推薦された個人9名、団体1件の計10件を受賞候補として慎重な審査と意見交換を行った結果、全会一致で古川登氏を第37回藤森栄一賞受賞者として決定した。
 古川登氏は福井県生れで、滋賀県立長浜商工高等学校を卒業後、滋賀県文化財保護協会の調査補助員として遺跡発掘調査に従事し、その後長浜市教育委員会臨時職員、福井県清水町教育委員会職員を経て、市町村合併により現在は福井市教育委員会文化課福井市文化財保護センター職員として活躍している。
 古川氏は大学で学んだ考古学研究者ではなく、発掘調査現場で実地に考古学を学び、独学で文献を精力的に読み込むなどして研鑽を深めてきた。地域の研究者として、考古学的見識をもって全力で発掘調査に取り組む調査姿勢や確実な調査報告書の刊行、成果を地域住民に分かりやすく公開するための講座・講演会・発掘調査現場説明会等に積極的に取り組んでいる点などは、行政内部でも高く評価されており、文化財保護行政の進展や、地域住民の文化遺産への関心の高まりにも大きく寄与している。
 自身の研究活動においては、弥生時代から古墳時代前期の墓制研究、弥生時代中期初頭の土器様式の成立過程、中世石造塔の研究等の分野で、精力的に考古学研究を進め、数多くの論文や報告を発表して業績を積み重ねている。特に福井県小羽山墳墓群(『小羽山墳墓群の研究』2010 福井市郷土歴史博物館 小羽山墳墓群研究会)を中心とする北陸地方の四隅突出型墳墓の調査研究を、地域の研究者とともに熱意をもって進め、弥生時代の墓制研究に成果をあげた点は特筆される。
 真摯に考古学に向き合う古川氏の姿勢は、多くの考古学研究者にも支持されており、自身も後進の育成に力を注いでいる。氏の地域を基盤とした研究姿勢や考古学にかける情熱は、日本考古学研究の基本となるべきものであり、藤森栄一の目指した地域研究の実践にも通じるものであると評価し、ここに古川登氏を第37回藤森栄一賞の受賞者として決定するものである。

2012年2月19日
長野県考古学会
藤森栄一賞選考委員会
委員長 笹 沢  浩
posted by 長野県考古学会事務局 at 13:51| 藤森栄一賞

2010年03月06日

第35回藤森栄一賞の選考について(報告)

第35回藤森栄一賞の選考について(報告)


 2010年2月13日(土)午前9時30分より、第35回藤森栄一賞の選考委員会が諏訪市公民館において開催された。本選考委員会は、9名の選考委員のうち6名の選考委員の出席を得て開催され、慎重な審査の結果、第35回藤森栄一賞の受賞者を次のとおり決定した。以下、選考結果について報告するものである。

<第35回藤森栄一賞選考結果>
 第35回藤森栄一賞選考委員会は、2010年2月13日(土)諏訪市内で開催された。全国推薦委員から推薦された個人5名・団体3件の計8件を受賞候補として慎重な審査と意見交換を行った結果、全会一致で若狭徹氏を第35回藤森栄一賞受賞者として決定した。
 若狭徹氏は長野県に生まれ群馬県で育った考古学研究者で、明治大学文学部の考古学専攻を卒業後、群馬県旧群馬町に就職し文化財担当職員として国史跡保渡田古墳群の調査と保存・整備に尽力し、その後「かみつけの里博物館」の建設と運営にも深く関与されてきた。市町村合併により高崎市職員となり、現在は高崎市教育委員会に所属して遺跡の保護と活用などの文化財行政を幅広く担っている。また個人としての考古学研究も古墳時代を中心に精力的に続けており、主な著書には『古墳時代の水利社会研究』(2007学生社)、『古墳時代の地域社会復元−三ツ寺T遺跡』(2004新泉社)、『もっと知りたいはにわの世界−古代社会からのメッセージ』(2009東京美術)などがある。
 仕事として関わった群馬県内の遺跡調査や博物館建設においては、常に地域を主体とする歴史研究の意義や、地域住民中心の文化財保護活動について、強い信念を持ってのぞみ、そうした仕事の集大成となる「かみつけの里博物館」の運営では、地域住民の視点による展示や資料活用事業、住民参加型の史跡整備活動などを実現する大きな原動力となっている。
 若狭徹氏の考古学研究は、地域研究の意義をふまえた広い視野を有しており、考古学資料から生き生きとした地域の歴史を叙述することができる稀有な研究者である。古墳時代の水利社会についての研究では、群馬県三ツ寺T遺跡の発掘調査成果などから、当時の水の祭祀や農業水利事業などについて検討し、「水利」から古墳時代の社会構造や地域経営に迫るという成果をあげている。また古墳時代の埴輪を題材とした近著『もっと知りたいはにわの世界−古代社会からのメッセージ』は、約300年に及ぶ埴輪の歴史をビジュアルに紹介しながら、その形やしぐさに注目して当時の人々の暮らしをわかりやすく解説した入門書として高く評価されている。
 若狭徹氏のこうした地域に根ざしたエネルギッシュな考古学的実践は、群馬地域の若い研究者をリードする活躍となっており、地域考古学研究に全身全霊をもって打ち込んできた考古学者・藤森栄一を記念する本賞の受賞者に相応しいものであると評価し、ここに若狭徹氏を第35回藤森栄一賞の受賞者として決定するものである。

2010年2月13日

長 野 県 考 古 学 会
藤森栄一賞選考委員会
委員長 戸 沢 充 則

posted by 長野県考古学会事務局 at 00:00| 藤森栄一賞

2009年02月19日

第34回藤森栄一賞の選考について(報告)

 2009年2月14日(土)午前9時30分より、第34回藤森栄一賞の選考委員会が下諏訪町総合文化センターにおいて開催された。本選考委員会は、9名の選考委員のうち、戸沢充則委員長を始め8名の選考委員の出席を得て開催され、慎重な審査の結果、第34回藤森栄一賞の受賞者を次のとおり決定した。以下、選考結果について報告するものである。

<第34回藤森栄一賞選考結果>
 第34回藤森栄一賞選考委員会は、2009年2月14日(土)下諏訪町内で開催された。全国推薦委員から推薦された個人4名・団体2件の計6件を受賞候補として慎重な審査と意見交換を行った結果、全会一致で、小林正春氏を第34回藤森栄一賞受賞者として決定した。
小林氏は、学生時代から伊那谷地域の考古学的調査に参加し、飯田市に就職後は、長らく教育委員会事務局の文化財担当職員として、市内埋蔵文化財の保護及び調査研究業務に取り組んできた。氏の埋蔵文化財保護行政への真摯な取り組みと、遺跡発掘調査等の成果を考古学的に追求しようとする学究精神は、行政上の職務の域を超える極めて高いものである。
この間の主な業績としては、市内の数多い古墳の保存に向けての総合調査の実施と保存計画の策定を主導し、開発と保護の調和を図るとともに、飯伊地域の古墳時代研究や古墳群の広域保存に尽力したこと、「古代伊那郡衙」とも目される恒川遺跡群の発掘調査を担当し、その成果を発掘調査報告書として多数公刊することによって、伊那郡衙址解明をはじめ各時期の考古学研究を進展させたこと、下伊那地域の古代土器編年の確立に参画したことなどがあげられる。また伊那谷の歴史と文化の研究を、地域学=「伊那谷学」と位置づけ主唱・実践してきたことは、小林氏の研究業績や成果を象徴するものである。こうした地域に根ざした考古学実践の精神は、行政・民間を問わず地域の若い研究者の範となっており、藤森栄一の方法論と学問精神にも通じるものである。なお氏の取り組んできた古墳研究や伊那郡衙址研究は、近い将来においてその成果が、新しい伊那古代史の基礎としてまとめられることが期待されるところである。
小林氏の一連の考古学的実践と研究成果は、地域考古学研究に全身全霊をもって打ち込んできた考古学者・藤森栄一を記念する本賞の受賞者に相応しいものであると評価し、ここに小林正春氏を第34回藤森栄一賞の受賞者として決定するものである。

2009年2月14日
長 野 県 考 古 学 会
藤森栄一賞選考委員会
委員長  戸沢 充則

posted by 長野県考古学会事務局 at 00:00| 藤森栄一賞

2008年02月11日

第33回藤森栄一賞の選考について(報告)

 2008年2月10日(日)午前10時より、第33回藤森栄一賞の選考委員会が諏訪市文化センターにおいて開催された。本選考委員会は、9名の選考委員のうち、戸沢充則委員長を始め8名の選考委員の出席を得て開催され、慎重な審査の結果、第33回藤森栄一賞の受賞者を次のとおり決定した。以下、選考結果について報告するものである。
<第33回藤森栄一賞選考結果> 
 第33回藤森栄一賞選考委員会は、2月10日(日)諏訪市内で開催された。全国推薦委員から推薦された個人8名・団体3件の計11件を受賞候補として慎重な審査と意見交換を行った結果、全会一致で「陸平(おかだいら)をヨイショする会」(会長:堀越靖子氏)を第33回藤森栄一賞受賞者として決定した。

続きを読む
posted by 長野県考古学会事務局 at 00:00| 藤森栄一賞

2007年02月11日

藤森栄一賞受賞者一覧

 1974年、故藤森栄一長野県考古学会々長夫人より意志金が会に寄せられ、その年の総会において、新人の考古学研究者でユニークな論考を発表した人を対象に『藤森栄一賞』を授与することが決定されました。
 翌年、委員11名からなる藤森栄一賞選考委員会が設置され、1976年の第1回選考委員会(杉原荘介委員長)において受賞者選考基準の検討がなされ、第1回受賞者(椚 国男氏)が決定しました。
 その年の総会で第1回授賞式と受賞者による記念講演が行われました。
続きを読む
posted by 長野県考古学会事務局 at 00:00| 藤森栄一賞

藤森栄一賞特別賞の授与について

(経過)
 2006年1月12日、長野県考古学会藤森栄一賞選考委員の一人であった樋口昇一氏が逝去された。本委員会は、2007年2月10日(土)、諏訪市内で開催した第32回藤森栄一賞選考委員会において、全会一致で樋口昇一氏に藤森栄一賞特別賞を授与することを決定した。 
続きを読む
posted by 長野県考古学会事務局 at 00:00| 藤森栄一賞