2014年01月31日

「長野県旧石器文化研究交流会2014」開催のお知らせ

1 日時 2014年2月15日(土) 13:30〜17:30
2 場所 御代田町浅間縄文ミュージアム(エコールみよた) あつもりホール 〒389-0207 長野県北佐久郡御代田町馬瀬口1901-1
3 内容 
(1) 講演 「先史人はどのように岩石資源を開拓したか‐石器石材の岩石学と研究法‐」野尻湖ナウマンゾウ博物館 中村 由克
(2)「南牧村矢出川第[遺跡の調査」 長野県埋蔵文化財センター 前田 一也
(3)「中ッ原5B地点および1G地点における削片系細石刃石器群の黒曜石利用」 明治大学黒耀石研究センター 堤  隆
(4)「長和町広原遺跡群の調査」 明治大学黒耀石研究センター 橋詰 潤
(5)「長和町男女倉遺跡群の調査」 長和町黒耀石体験ミュージアム 大竹幸恵・村田弘之
4 主催 長野県旧石器文化研究交流会、0.00%研究会、八ケ岳旧石器研究グループ、浅間縄文ミュージアム
5 申込 不要(当日若干の資料代をいただきます)
6 問い合わせ先
 e-mail:tanio100@yahoo.co.jp(長野県旧石器文化研究交流会事務局)
 tel:0267-32-8922(浅間縄文ミュージアム)
posted by 長野県考古学会事務局 at 13:10| シナノの考古学-見る・学ぶ-

2014年01月17日

矢出川第[遺跡遺跡報告会のお知らせ

長野県埋蔵文化財センターでは、県営畑地帯総合土地改良事業南牧地区農道6号線改修(長野県佐久地方事務所農地整備課)に伴い、南牧村の矢出川第[遺跡の発掘調査を実施しました。今回、国内有数の旧石器時代の遺跡群として知られる矢出川遺跡群の中では最も古い石器群などが発見されましたので公開します。

日時:平成26年1月25日(土)午前10時から午前11時30分まで
場所:南牧村中央公民館(南牧村海ノ口1138-2)
※南牧中学校の北約300m、国道141号線沿い
内容:スライドショー・パネルによる調査成果の説明と出土品を公開します。
10:00〜11:00 スライドショー
「旧石器時代の日本列島と矢出川遺跡群」
「矢出川第[遺跡の発掘調査」
11:00〜11:30 出土品・パネル説明

みどころ:野辺山最古の石器群(水晶製石核、黒曜石製ナイフ形石器)
中世の陥し穴の発掘調査(南牧村初)

お問い合わせ:長野県埋蔵文化財センター 026-293-5926
       担当課長(岡村秀雄) 担当(谷 和隆)
(当日連絡先090-2146-6244)
posted by 長野県考古学会事務局 at 12:46| シナノの考古学-見る・学ぶ-

2012年11月22日

飯田市『神之峯城跡』発掘調査の現地説明会を開催します。

長野県埋蔵文化財センターでは、国道474号飯喬道路の建設(国土交通省)に伴い、神之峯城跡の中腹部分の発掘調査を実施しています。
神之峯城跡は天竜川以東を支配した知久氏の本城で、この中腹にも平坦地(曲輪)が確認されました。また、知久氏が建立したとされている18の寺院(知久十八ケ寺)の一つ「法心院」と思われる礎石建物跡が見つかりました。

1 日 時  平成24年12月1日(土) 午前10時〜午後3時
  ※ 午前10時30分と午後1時30分の2回、全体説明を行います。
  ※ 雨天・雪の場合は中止となります。

2 場 所  飯田市上久堅 神之峯城跡発掘調査現場

3 説明内容
・ 神之峯城跡に伴う平坦地(曲輪)や「法心院」と思われる礎石建物跡の調査状況
・ 出土遺物の説明

4 お問い合わせ先等
 事前申込の必要はありません。
 当日、直接現地にお越しください。
 ・ 長野県埋蔵文化財センター調査部
  電話 026−293−5926
 当日のお問い合わせは下記にお願いします。
 ・ 神之峯城跡現地発掘調査担当
   電話 080−2337−3139 河西克造
   電話 090−8859−5881 上田典男

現地案内地図
神之峯城跡までの地図.pdf
posted by 長野県考古学会事務局 at 15:55| シナノの考古学-見る・学ぶ-

2012年10月15日

『中世の神坂越え 園原と木賊展』のお知らせ

阿智村東山道・園原ビジターセンター はゝき木館
平成24年度秋季企画展
  中世の神坂越え 園原と木賊展
平成24年9月19日(水)〜12月26日(水)
入場無料

 月と言えば、ウサギですが、昔はそれと共に木賊がイメージされました。 平安時代末期の歌人源仲正が阿智村園原で、木賊で磨いたくらい輝いていると詠んだことに由来します。木賊は研磨剤として重宝され、園原の名産でした。 かつて、園原は、古代東山道最大の難所神坂峠越えの休息地点として栄え、源氏物語をはじめとする古代文学に多く登場します。しかし、源仲正の木賊の歌以後、中世園原は、文学の世界への登場が減ってしまいます。そして、江戸時代に入るまでには園原と神坂越えは消滅してしまいます。中世になり、神坂越えと園原に何が起きたのでしょうか。今回の展示は、園原杉の木平遺跡から出土した焼き物を通じて、中世の神坂越えの歴史背景を探っていきます。
一方、中世にも園原を題材とした謡曲木賊【ようきょくとくさ】という文学が生まれています。謡曲木賊の展示紹介とともに、園原の古代中世文学史の流れに位置づけていきたいと思います。

◎ワークショップ
「中世の焼き物を探しに峠道を歩こう!」 ー東山道神坂越えの道考古学プロジェクト2ー
10月20日(土)午前8時半 はゝき木館集合(午後3時終了予定)  保険料 100円
事前申込必要
■昨年行われた「東山道神坂越えの道考古学プロジェクト」の第2弾。神坂神社から神坂峠に至る道を歩き、落ちている陶器を採集し、GPSで採集地点を測定します。(今回は池の平まで歩きます。)

◎展示解説トーク 「杉の木平遺跡と中世の神坂越え」
講師 中里信之(阿智村学芸員)  12月9日(日) 午後1時半〜 参加無料

◎講演会 「神坂越えと中世の伊那谷」
講師 市澤英利氏(飯田市上郷考古博物館館長) 12月9日(日) 午後2時半〜 参加無料

開館時間 9:30-16:30
休館日 火曜日 (火曜日が祝祭日の場合は翌日)
<お車の場合> 名古屋方面より:中央自動車道「園原」インターより約5分
中央自動車道「飯田山本」インターより約20分

〒395-0304 長野県下伊那郡阿智村智里3604-1
TEL/FAX 0265-44-2011
hahakigi_kan@vill.achi.nagano.j
posted by 長野県考古学会事務局 at 08:25| シナノの考古学-見る・学ぶ-

2012年10月05日

浅川扇状地遺跡群現地説明会のお知らせ

日 時:平成24年10月20日(土) 午前10時から午後3時まで
   ※午前10時からと午後1時30分からの2回全体説明を行います。
※雨天中止

場 所:浅川扇状地遺跡群発掘調査現場 長野市吉田(下図参照)

内 容:○現在調査中の遺跡と出土品を公開します。

みどころ:○古墳時代〜平安時代の竪穴住居跡
     ○古墳時代〜中世の土器・陶磁器、金属製品など

お問い合わせ:長野県埋蔵文化財センター 026-293-5926(説明会開催日以外)
         遺跡調査担当(西 香子) 090-2728-5083

現説位置図.pdf
posted by 長野県考古学会事務局 at 16:49| シナノの考古学-見る・学ぶ-

2012年10月01日

特別講演会「ヨーロッパにおける石器石材の利用−石材の研究からなにがわかるか?−」

ドイツとウクライナから著名な考古学者を招いて、先史時代の石器石材の利用と流通のテーマで、下記のとおり特別講演会を開催いたします。ヨーロッパと比較することで日本列島の黒曜石の研究をいっそう盛んにする契機にしたいと思います。みなさまのご参加をこころから歓迎いたします。
日 時: 2012年10月30日(火) 13:00〜15:30
会 場:和田コミュニティセンター(長和町和田4233−1、電話:0268-41-6123)
主 催:明治大学黒耀石研究センター 
協 力:長和町教育委員会
事業名:文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業「ヒト−資源環境系の歴史的変遷に基づく先史時代人類史の構築」黒耀石研究センター特別講演会(通訳付き・入場無料)

講演1 ハラルト・フロス教授 Prof. H. Floss
(ドイツ、テュービンゲン大学)
    「人類の移住、素材の運搬と交換を方向づける基軸としての河川−中部ヨーロッパ上部旧石器時代の場合−」

講演2 ヴァディム・シュテパンチューク博士 Dr. V. Stepanchuk
(ウクライナ国立科学アカデミー考古学研究所)
    「ウクライナの旧石器時代−石材利用に関する編年と分布の概観」

連絡先:明治大学黒耀石研究センター
E-mail: meiji-ob@kokuyou.ne.jp
電話:0268−41−8815
posted by 長野県考古学会事務局 at 13:59| シナノの考古学-見る・学ぶ-

2012年09月07日

縄文中期部会第13回勉強会開催のお知らせ

長野県考古学会縄文中期部会では縄文中期の繁栄をキーワードに様々なアプローチで勉強を重ね、6月にはプレシンポジウム「縄文時代中期の植物利用を探る」を開催し大きな反響を呼びました。
 いよいよ11月17・18日のシンポジウム「縄文時代中期の繁栄を探る」も開催間近となってきましたが、第13回目の勉強会を下記の通り実施します。お誘いあわせの上、ぜひご参加下さい。

日 時 平成24年9月23日(日) 午後1時30分から
場 所 長野県茅野市 尖石縄文考古館
内 容 ・地域における集落の変遷(佐野 隆・大網信良)
    ・中期の黒曜石利用(仮) (山科 哲) 
    ・その他
    ・特別展「聖石遺跡展」の見学


※11月のシンポジウムにつて、17日の懇親会の参加、宿泊希望ありましたら、ご一報下さい。

問い合わせ先 事務局 藤森英二 (aeg@pop11.odn.ne.jp)

posted by 長野県考古学会事務局 at 08:21| シナノの考古学-見る・学ぶ-

2012年07月12日

風張遺跡現地説明会のお知らせ

飯田市風張遺跡の現地説明会を下記の日程で行います。ぜひお出かけください

日 時
平成24年 7月29日(日) 午前10時から午後3時まで
 ※午前10時からと午後1時30分からの2回、全体説明を行います。
 ※雨天の場合は中止となります。

場 所
風張遺跡発掘調査現場 飯田市上久堅(裏面地図参照)
(駐車場から現場まで5分程山道を歩きます。また、現場内の通路には細かな凹凸がありますので、歩きやすい靴を履いてお越しください)。

内 容
○現在調査中の遺跡を公開します。
○遺跡の全体説明を行います。(全体説明:午前10時〜、午後1時30分〜)
○屋内(プレハブ)で、出土品及び調査状況の写真パネルを展示します。
  
みどころ
○細田川に面した丘陵上に分布する中世(室町時代)と近世(江戸時代)の掘立柱建物跡(屋敷地)

お問い合わせ
長野県埋蔵文化財センター 026-293-5926(説明会開催日以外)、遺跡調査担当(河西克造) 080-2337-3139
※当日は遺跡周辺に案内 看板を設置します。
風張遺跡までの地図.jpg
posted by 長野県考古学会事務局 at 16:59| シナノの考古学-見る・学ぶ-

2012年07月11日

佐久市『兜山遺跡』発掘調査の現地説明会のご案内

 長野県埋蔵文化財センターでは、中部横断自動車道の建設(国土交通省)に伴い、佐久市「兜山遺跡」の発掘調査を実施しています。八ヶ岳連峰からのびる丘陵の南斜面に立地する、7〜8世紀の築造と考えられる古墳に関する現地説明会を開催します。

1日時  平成24年7月14日(土) 午前10時30分〜午後3時
 ※ 雨天の場合は中止となります。

2場所  佐久市大沢 兜山遺跡発掘調査現場 (裏面地図参照)
 ※乗用車約10台分の駐車場があります。駐車スペースが狭いため、できるだけ乗り合わせてご来場下さい。見学地から、徒歩約15分にある大沢地区社会体育館南側の駐車場もご利用いただけます。その場合、希望される方には送迎も予定しています。
 ※ 運動靴等でのご来場をお願いいたします。

3説明内容
 ・7〜8世紀の築造と考えられる古墳の横穴式石室        
 ※現場事務所で、「土器洗い」 体験を実施します。
 ※説明会の開催時間に合わせて、明治26年竣工の佐久市有形文化財旧大沢小学校本館が公開されます。大沢地区で出土した考古資料も展示されていますので、この機会にぜひご覧ください。なお、ここは雨天でも公開いたします。

4お問い合わせ先等
事前申込の必要はありません。当日、直接現地にお越しください。
・長野県埋蔵文化財センター調査部    電話 026−293−5926
 ※当日のお問い合わせは下記にお願いします。
・兜山遺跡現地発掘調査担当
 電話 090−2565−0402 若林 卓
 電話 090−2146−6244 岡村秀雄
兜山古墳_略地図.jpg
posted by 長野県考古学会事務局 at 08:26| シナノの考古学-見る・学ぶ-

2010年02月17日

長野県埋蔵文化財センター速報展「長野県の遺跡発掘2010」のご案内

長野県埋蔵文化財センターでは、2009年度も県内各地の遺跡を発掘調査し、多くの成果を得ました。また弥生時代の銅戈・銅鐸が出土し、注目されている中野市柳沢遺跡をはじめとして、報告書刊行に向けた整理作業を行った遺跡では、多くの新知見を得ました。
今回は、こうした最新の調査・整理成果を、出土品や写真などで、いち早く紹介いたします。

◎会場:長野県立歴史館 2階 企画展示室

◎会期:平成22年3月13日(土)から5月9日(日)まで
   (休館日 3月15・23・29日、4月19・26日、5月6日)

◎展示遺跡
中野市柳沢遺跡     (弥生時代)  銅鐸・銅戈・管玉など
中野市千田遺跡     (縄文時代)  縄文土器など
中野市沢田鍋土遺跡   (古代)    須恵器・土師器など
坂城町上五明条里水田址 (古墳・古代) 土師器・石製品・鍛冶関係遺物など
佐久市近津遺跡群    (古墳時代)  土師器など
佐久市西近津遺跡群 (古代)  「美濃国」刻印須恵器など
佐久市西一里塚遺跡   (弥生時代)   土偶形容器・弥生土器など
佐久市地家遺跡     (中世)    板碑・四耳壺・五輪塔など
佐久穂町小山寺窪遺跡  (古代・中世) 人形木製品など
佐久穂町満り久保遺跡  (旧石器時代) 槍先形尖頭器・細石刃など
飯田市下村遺跡(鶯ヶ城跡)(戦国時代)  陶磁器など

◎催し物
☆調査報告会
期日:3月14日(日)午後1時〜3時30分
1、沢田鍋土遺跡      3、近津遺跡群
2、上五明条里水田址    4、地家遺跡
場所:長野県立歴史館 講堂

☆講演会 
期日:4月25日(日) 午後1時〜4時
 「信濃の青銅器と倭国の政治」 講師:水野正好 (財)大阪府文化財センター理事長
 場所:長野県立歴史館 講堂 

なお、7月8日(木)〜8月1日(日)には伊那文化会館でも開催します。

◎お問い合わせ 
長野県埋蔵文化財センター
〒388-8007 長野市篠ノ井布施高田963-4 TEL 026-293-5926 FAX026-293-8157
info@naganomaibun.or.jp
http://www.grn.janis.or.jp/~maibun/

長野県立歴史館
〒387-0007 千曲市屋代260-6(科野の里歴史公園内)
TEL026-274-2000 FAX026-274-3996
http://www.npmh.net/
(発信:長野県埋蔵文化財センター)

posted by 長野県考古学会事務局 at 00:00| シナノの考古学-見る・学ぶ-

2009年12月14日

日本玉文化研究会長野大会発表予稿集頒布のご案内

『ケツ状耳飾(ケツ飾)の製作技術からみた玉文化交流』

(東アジアのケツ飾の製作技術)
・藤田富士夫(敬和学園大学)「東アジアのケツ飾の製作技術−日本列島−」

・孫国平(浙江省文物考古研究所)「田螺山遺址出土玉ケツ工芸研究」

・ケ聰(香港中文大学)・劉国祥(中国社会科学院考古研究所)「東亜ケツ飾工芸的対比研究−従興隆窪到桑野的砂縄切割技術−」

・劉国祥(中国社会科学院考古研究所)「興隆窪及興隆溝遺址玉ケツ的発掘」

(日本のケツ状耳飾の製作技術)
・加藤学(新潟県埋蔵文化財調査事業団)「新潟県大角地(おがくち)遺跡における縄文時代早期末葉〜前期前葉のケツ状耳飾−製作過程の復原を中心に−

・五十嵐睦(神奈川県平塚市教育委員会)「ケツ飾製作における切り目作出技術について−『弓切技法』の実験的考察−

・木島勉(新潟県糸魚川市教育委員会)「姫川下流域におけるケツ状耳飾の製作」

・堀江武史(府中工房)「糸切り技法によるケツ状耳飾の製作」

・島田哲男(大町市教育委員会)「長野県北西部(北安曇地方)におけるケツ状耳飾製作遺跡」

・小嶋芳孝(金沢学院大学)「三引遺跡出土石製装身具の検討」

◎80頁、定価1500円(税・送料別)

◎六一書房、北九州中国書店で扱っています。

◎内容などのお問い合わせは、川崎(kamo-sikamiti@nifty.com)まで。

(発信:日本玉文化研究会 長野大会実行委員会)
posted by 長野県考古学会事務局 at 00:00| シナノの考古学-見る・学ぶ-

2009年10月19日

阿智村東山道・園原ビジターセンター「はゝき木館」 企画展「万葉の神坂越え展 ―阿智駅と東山道を探る―」開催中

今、阿智村東山道・園原ビジターセンター「はゝき木館」で企画展「万葉の神坂越え展 ―阿智駅と東山道を探る―」を12月23日まで開催しています。
東山道最大の駅家「阿智駅」を考えることを中心に、奈良時代の神坂越えを探ります。
また、近年奈良時代の鏡と判明した安布知神社蔵の花禽双らん八花鏡も公開します。
関連企画もあります。詳細は下記ホームページをご覧下さい。

http://www.vill.achi.nagano.jp/visitor/index.html

(発信:阿智村役場 協働活動推進課)
posted by 長野県考古学会事務局 at 00:00| シナノの考古学-見る・学ぶ-

2009年10月11日

博古研究会2009年研究発表会「遺跡と環境」のお知らせ

 この度、博古研究会(考古学・博物館学研究団体、会長:茂木雅博茨城大学名誉教授、会員150名)では2009年研究発表会を長野県立歴史館にて開催することとなりました。
 「遺跡と環境」をテーマに、中国、日本の環境考古学の研究者から最新成果の講演、報告をいただきます。大勢の皆様のご来場をお待ちしております。詳細は以下のとおり。

博古研究会2009年研究発表会「遺跡と環境」(一般公開)

○開催日時 平成21年(2009)年11月1日(日)
○会  場 長野県立歴史館 講堂(千曲市大字屋代260-6 026-274-2000)
○主  催 博古研究会(はっこけんきゅうかい)
○共  催 長野県立歴史館
○後  援 長野県埋蔵文化財センター
○参 加 費 資料代500円(事前の申込は不要です。)
○特別講師 中国社会科学院考古研究所 考古科学研究技術センター長・教授 袁(えん)靖(せい) 氏
袁 靖(Yuan Jing)
1952年中国上海生。西北大学の出身で、1988〜1993年に千葉大学大学院で加藤晋平先生に学び、「縄文時代における霞ヶ浦周辺地域の動物考古学の研究」で博士の称号を授与された。現在の中国環境考古学を築いた一人。
研究テーマ・分野:自然科学技術の考古学への応用、古代人類と動物の関係研究。
主な研究業績:
『〓東半島貝岡遺跡環境考古』社会科学文献出版社,1999年。
「論中国古代居民獲得肉食資源的方式」『考古学報』,1999年第1期。
「中国新石器時代家畜起源的問題」『文物』2001年第5期。
「古代中国におけるブタの起源」『日中交流の考古学(茂木編)』2007年,同成社。

○ プログラム
11月1日(日)
10:00〜10:20 博古研究会総会             ※会員のみ
10:30〜 研究発表会 開会            ※以下、一般公開
10:40〜12:00 研究発表                           
a.「内陸部における縄文人と環境―長野県屋代遺跡群の調査研究から」
長野県立歴史館 学芸員  水沢 教子氏
b.「海と縄文人―東京湾沿岸の貝塚研究から」
千葉県教育庁 文化財主事 吉野 健一氏
(昼  食)
13:10〜15:00 記念講演会 
「中国における古代人類と動物の関係」
中国社会科学院考古研究所 
考古科学研究技術センター長・教授  袁  靖 氏
15:00〜15:20 総括
長野県埋蔵文化財センター 調査研究員  川崎 保 氏
15:20〜15:30 研究発表会 閉会
(進行 長野県埋蔵文化財センター 調査研究員 柳澤亮)

○その他
・長野県立歴史館では秋期企画展『山を越え川に沿う―信州弥生文化の確立―』
<9月26日(土)〜11月23日(月・祝) >を開催中です。当発表会に参加された方は団体料金
でご覧いただけます。(常設展200円、企画展200円、共通券400円)

○問い合わせ
2009年度博古研究会 研究発表会事務局 柳澤亮(長野県埋蔵文化財センター)
携帯:090-4159-8851 Mail to : Hakko.Nagano@gmail.com

2009博古研究会ポスター_チラシ.pdf

(発信:博古研究会 研究発表会事務局)
posted by 長野県考古学会事務局 at 00:00| シナノの考古学-見る・学ぶ-

2009年10月06日

日本玉文化研究会 長野大会「ケツ状耳飾(ケツ飾)の製作技術からみた玉文化交流」開催のおしらせ

 この度、日本玉文化研究会長野大会「ケツ状耳飾(ケツ飾)の製作技術からみた玉文化交流」を2009年11月28日(土)〜29日(日)に開催します。参加希望者は、10月30日(金)までに長野大会実行委員会川崎まで別添ファイルによりメール、ファックスで御連絡くださいますようお願いします。(※連絡先は別添ファイル中にあります。)

注:「ケツ」は「王」偏に「夬」(文字化けするためカタカナ表記にしました)

○宿舎につきましては、別添ファイルにおすすめの宿舎リスト一覧を作成しましたので、ご参照の上、各自予約のほどよろしくお願いします。
○メールおよびファックス連絡用に別添フォームをお使いください。
○研究大会は当日参加歓迎いたします。それ以外の会も当日人数の余裕があれば、参加可能ですので、実行委員会川崎までお問い合わせください。

【別添ファイル(MS-word用)】
玉文化案内0923.doc
2009年長野大会日程概要0923.doc

【2009年日本玉文化研究会長野大会日程概要】

会 場:長野県大町市大町公民館分室

2009年11月28日(土)
 午前10時 遺跡見学(希望者のみ)

 午後1時 大町市文化財センター資料見学(一津遺跡など)

 午後3時 長野大会テーマ「ケツ状耳飾(ケツ飾)の製作技術からみた玉文化交流」
      初日テーマ「東アジアのケツ飾の製作技術」

11月29日(日)
 午前 9時〜
      二日目テーマ「日本のケツ状耳飾の製作技術」

 午前11時20分〜
      シンポジウム「ケツ状耳飾の製作技術をめぐる諸問題」

 午前12時20分頃 解散予定

※発表要旨集は実費で当日配布。
※日程や発表者は多少変更になる可能性があります。

(発信:日本玉文化研究会 長野大会実行委員会)
posted by 長野県考古学会事務局 at 00:00| シナノの考古学-見る・学ぶ-

2009年09月12日

首都大学東京考古学研究室による北相木村「ノンコ岩1岩陰遺跡」の発掘調査について

 本年も首都大学東京(山田昌久教授)と総合研究大学院大学を中心に、国史跡栃原岩陰遺跡に程近い、ノンコ岩1岩陰遺跡の発掘調査を下記の通り行うこととなりました。遺跡は国史跡栃原岩陰遺跡の北東に位置し、昨年は動物骨の小片や微細な植物遺存体が見つかっていますが、今年は人工遺物の発見を目指します。 期間中、見学等も可能ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。



・日 程  9月15日〜9月24日(15・24日は移動日)

・場 所  
(発掘調査) 長野県南佐久郡北相木村栃原地区「ノンコ岩1岩陰遺跡」
(土壌の洗浄・顕微鏡観察) 北相木村スポーツ施設「グリーンドーム」

・問い合わせ 北相木村教育委員会
          (担当:藤森英二 TEL 0267-77-2111)

(発信:北相木村教育委員会)
posted by 長野県考古学会事務局 at 00:00| シナノの考古学-見る・学ぶ-

2009年08月14日

佐久市近津(ちかつ)遺跡群の説明会について

 日頃から、長野県埋蔵文化財センターの業務につきまして、ご理解、ご協力をいただきありがとうございます。
 当センターでは、4月より、中部横断自動車道建設工事に伴って、佐久市長土呂の近津遺跡の発掘調査を進めているところです。
 佐久平では弥生時代に大きなムラが作られますが、その後の古墳時代になると一時期小さなムラに分散します。今回の調査ではその弥生時代から古墳時代へと時代が変革する時期に営まれたムラ跡が発見されました。
 つきましては、下記により遺跡説明会を実施します。是非とも地域の貴重な文化財をご覧いただきたいと思います。お誘いあわせのうえご来跡ください。(長野県埋蔵文化財センター所長)



1 日 時:平成21年8月29日(土)午前10時から午後3時まで 
      全体説明:(1)午前10時30分〜 (2)午後1時30分〜
       ※雨天中止
2 場 所:近津遺跡群 佐久市長土呂
map.jpg

3 内 容:現在調査中の現場や出土品を公開いたします。

4 問い合わせ:長野県埋蔵文化財センター  026-293-5926



(発信:長野県埋蔵文化財センター)


posted by 長野県考古学会事務局 at 00:00| シナノの考古学-見る・学ぶ-

2009年07月24日

縄文式釣針を使ったマス釣り体験のお知らせ

縄文式釣針を使ったマス釣り体験のお知らせ

テーマ   栃原岩陰遺跡で出土している骨製の釣り針を作って、マスを釣ってみましょう!

日 時   平成21年8月16日(日)9:30から12:00頃まで

集合場所  北相木村役場前駐車場(長野県南佐久郡北相木村2744)

参加料   無料(博物館ご見学の場合は別途入館料が必要となります)

申し込み先  TEL0267-77-2111 公民館または博物館まで、事前に電話にてお申し込み下さい。(定員になり次第締め切らせていただきます)

持ち物等 釣竿(ある方)・帽子・雨具・水筒・長靴・サンダル(川原に入る場合があります)

・各自「北相木村役場前」に集合して下さい。
・釣り針の材料、釣糸、餌はこちらで用意します。
・なるべく釣竿はご持参下さい。
・釣った魚は持ち帰れます。
・小学生以下のお子さんは、なるべく保護者の方とご参加下さい。
・大雨の場合は中止といたします。


(発信:北相木村教育委員会)
posted by 長野県考古学会事務局 at 00:00| シナノの考古学-見る・学ぶ-

2009年06月26日

「長野県埋蔵文化財センター速報展  長野県の遺跡発掘2009(伊那会場)」のお知らせ

長野県埋蔵文化財センター速報展 ─長野県の遺跡発掘2009 ─

会場:長野県伊那文化会館(美術展示ホール入場無料)

期間:2009年7月30日(木)〜8 月23日(日) 9:00〜17:00
(休館日 8月 3日(月)、10日(月)、11日(火)、17日(月))

☆展示遺跡
中野市:柳沢遺跡、立ヶ花表遺跡
坂城町:上五明条里水田址
飯田市:下村遺跡〔鶯 ヶ 城 跡〕、竹佐中原遺跡、川路大明神原遺跡、山本大塚遺跡
佐久市:近津遺跡群、西近津遺跡群
佐久穂町:小山寺窪遺跡

☆催し物
展示解説:センター職員が展示を解説し、質問にもお答えします。
実施日 8/1(土)、 2(日)、 8(土)、 9(日)、 13(木)〜16(日)のお盆期間、
22(土)、23(日) 開場中随時開催
常時開催:体験コーナー 土器の立体パズルに挑戦してみよう!

【遺跡調査報告会】最新の遺跡発掘の成果をいち早くお話しします。

日時:8/1(土) 13:00〜14:20 小ホール

1.平成20年度の調査状況
2.中野市柳沢遺跡
3.飯田市下村遺跡(鶯ヶ城跡)

【講演会】『掘り起こされた戦国の城館−長野県を中心としてー』

全国であらゆる城館調査にかかわってきた城館研究の第一人者が、長野県内の城館調査について、熱く語ります。

講師:中井 均氏(NPO 法人城郭遺産による街づくり協議会理事長)
日時:8/1(土) 14:30〜16:00 小ホール

☆問い合わせ先
(長野県埋蔵文化財センター) 〒388-8007 長野市篠ノ井布施高田 963-4 026-293-5926
(長野県伊那文化会館) 〒396-0026 伊那市西町 5776 0265-73-8822
(発信:長野県埋蔵文化財センター)


posted by 長野県考古学会事務局 at 00:00| シナノの考古学-見る・学ぶ-

「長野県埋蔵文化財センター速報展  長野県の遺跡発掘2009(歴史館会場)」のご案内

長野県埋蔵文化財センター速報展  長野県の遺跡発掘2009

 長野県埋蔵文化財センターでは、県内各地で行なった発掘調査の成果を見学会などでご紹介しています。平成20年度に実施した調査でも、銅戈・銅鐸の出土で注目をあびている中野市柳沢遺跡をはじめ、貴重な発見が相次ぎました。
 その情報をいち早く県民のみなさまにお伝えするため、長野県立歴史館および長野県伊那文化会館(※7月30日〜8月23日)において速報展を開催します。
 この機会に信濃のいにしえに想いを馳せてはいかがでしょう。ご来場をお待ちしています。

会 場:長野県立歴史館2階 企画展示室

期 間:2009年6月20日(土)から7月20日(月)まで

開館時間:9:00〜17:00

休館日:6月22・29日、7月6・13日(各月曜日)

展示遺跡:
中野市柳沢遺跡 (弥生時代)
中野市立ヶ花表遺跡 (古代)
坂城町上五明条里水田址(古墳・古代)
佐久市近津遺跡群 (古墳時代)
佐久市西近津遺跡群 (古墳・古代)
佐久穂町小山寺窪遺跡 (古代・中世)
飯田市下村遺跡(鶯ヶ城) (中世)

【調査報告会】

日 時:6月27日(土) 13:30から

場 所:長野県立歴史館 講堂

報 告:
1.中野市柳沢遺跡
2.坂城町上五明条里水田址
3.佐久市西近津遺跡群

話題の遺跡について、担当者がスライドを使ってご説明します。

(問い合わせ)
≪長野県立歴史館≫
千曲市屋代260−6  026-274-2000
≪長野県埋蔵文化財センター≫
長野市篠ノ井布施高田 9634  026-293-5926
(発信:長野県埋蔵文化財センター)

posted by 長野県考古学会事務局 at 00:00| シナノの考古学-見る・学ぶ-

2009年06月14日

朴天秀(韓国・慶北大学考古学教授)文化講演会「長野県における古代渡来文化」のお知らせ

第4回渡来人まつりプレイベント
朴天秀(韓国・慶北大学考古学教授)文化講演会

演 題 「長野県における古代渡来文化」

日 時 2009年7月11日 13:30開場(14:00開演)

会 場 松本市勤労者福祉センター 7会議室(3F)

参加費 資料代500円

講師プロフイール
 朴天秀(パク・チョンス)
 1963年生まれ。
 慶北大学校大学院考古人類学科修了後、
 大阪大学大学院博士課程留学。
 現在、慶北大学校人文大学考古人類学科教授。
 専門は、韓・日の考古学。
 共著書に「伽耶の遺蹟と遺物」(学研文化社)
 「海を渡った日本文化」(鉱脈社)
  「伽耶と倭」(講談社)などがある。

主 催 信州渡来人倶楽部

共 催 浅間温泉旅館協同組合

後 援 松本市 松本市教育委員会

問合せ先  信州渡来人倶楽部 李春浩 09016914485
(発信:信州渡来人倶楽部)
posted by 長野県考古学会事務局 at 00:00| シナノの考古学-見る・学ぶ-